愛知県一宮市 誘導灯 消防設備工事 

誘導灯とは、避難口や避難方向を示すための消防設備のことです。

この誘導灯を通路に正しく設置しておくことで、万が一の災害時に迷うことなくスムーズに避難ができます。

種類ごとの特長や設置方法があるため、正しい位置に適切な誘導灯を設置してください。 

万が一の災害に備え、定期的な点検を心掛けてください。

【設置基準】

誘導灯の設置基準は、消防法施行令第26条、消防法施行規則第28条の3、消防予第245号に基づき定められています。

この2つの誘導灯及び誘導標識は、防火対象物などに対して設置が義務付けられていて通路の一定の間隔に通路誘導灯が、脱出可能な出口に避難口誘導灯が設置されています。

誘導灯は、蓄電池により数十分から数時間程度点灯し続ける能力を有しているため、避難の際に仮に停電が起こったとしても、脱出の目標として視認でき使用できるようになっています。

通常の誘導灯では約20分間以上・長時間点灯型では60分間以上となっています。

【誘導灯の届出】

誘導灯及び誘導灯標識は設置完了後4日以内に、その建物の関係者(所有者、管理者、占有者)が所轄の消防長又は消防署長に消防用設備等設置届出書を提出することが義務付けられています。


あなたの建物の消防設備は大丈夫でしょうか? 

今すぐ問い合わせをする。 

【会社名】 株式会社ALTEC
【所在地】 愛知県一宮市猿海道一丁目4番31号
【HP URL】   https://www.altec.news/
【主な業務】防火設備定期検査・消防用設備点検・消防用設備工事 等
—————————————————————————————————
○営業エリア
<愛知県>名古屋市(千種区、東区、北区、西区、中村区、中区、昭和区、瑞穂区、熱田区、中川区、港区、南区、守山区、緑区、名東区、天白区)一宮市・江南市・岩倉市・小牧市・犬山市・春日井市・瀬戸市・尾張旭市・長久手市 ・稲沢市・清須市・北名古屋市・豊山町・あま市・津島市・愛西市・弥富市・大治町・蟹江町・その他周辺
—————————————————————————————————

当社は、愛知県一宮市を拠点に、
防火設備定期検査 消防用設備点検 消防用設備工事 等の業務を行っております。

※上記の点検・不良箇所の発見及び修繕工事・消防報告代行など一環した対応により、お客様の立会いや建物の利用者(入居者・テナント)様へのご連絡・立会い・時間的な負担を軽減する事ができます。

今すぐ問い合わせをする。