・消防法で「当該場所において他の警報音又は騒音と明らかに区別して聞き取ることができるように措置されていること。」とされており、
ローカル放送機器等でBGMが流されていると火災信号を受けた際に、自動的に電源を遮断し建物内の人々に火災発生の警報を聞きやすくし、火災の被害を軽減する役割を担っています。